JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
勉強環境

Bluetoothマウスの接続がすぐ切れてしまうWindows10ユーザ-、レッツノートユーザー向けの対策方法

bluetooth-3

 

bluetooth-3

Windowsユーザーにとって、タッチパッドが100点でない以上やっぱりマウスがあった方が便利です。

 

で、持ち運びのコンパクトさを考えると、Bluetoothマウスが一番コンパクトです。特に当サイトで推奨している、サイドボタンの設定を変え、仮想デスクトップ機能を最大限に使用するためには、現状ですとBluetoothマウスが最もコンパクトに収まります。

 

ですが、Windows10使用者で、レッツノートのようなノートパソコンを使用している方だと、Bluetoothマウスが頻繁に切れてしまってイライラすることもあるのではないでしょうか。Bluetoothマウスの問題の場合ではなく、パソコンの設定を変えるだけで改善する場合がありますので、紹介します。

 

Bluetoothマウスの接続がWindows10で切れないように!

※今回はレッツノートの場合の設定です

まず、Cortanaなどで、「コンピューター」と検索すると、「コンピューターの管理」が出ます。

konpyuta

 

そこをあけると、下記のような画面が出てくるので
左でデバイスマネージャー
右でBluetoothまたはヒューマンインターフェースデバイスのどちらかを選びます。

devis

 

レッツノートの場合ですと、ヒューマン インターフェイスデバイスのところにあるBluetooth HIDデバイスという項目が出てきます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

出てきたら、Bluetooth HID デバイスの画面で
電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにするをクリックし、空欄にしてOKにします。

 

これで、「マウスが自動で切れて使えなくなる」というトラブルを減らすことができる様になります。